東京の出張マッサージにも色々あります

近年、あちこちにマッサージ店が乱立しています。マッサージというと、温泉などで部屋にマッサージ師に部屋に来てもらい、ガッツリとしてもらうイメージでしたが、今は低価格、短時間がウリのようです。
自分も、2度ほどマッサージを受けたことがあります。出張先のホテルと低価格の店舗型マッサージでした。率直な感想ですが、やはり安かろう悪かろうというのは、あるのかなーと感じました。ホテルで受けた出張マッサージは、時間をかけて、ゆっくり丁寧なやり方で、腰や肩、腕や足と体全体にケアが行き届いて、ほんとに全身がほぐされていく感覚で、料金はそれなりにしましたが、それに見合う満足感を得られました。
一方、低価格の店舗型マッサージでは、やはり短時間で低価格であるため、数をこなさなければなりません。したがって、全身をくまなくというのは難しく、肩なら肩、腰なら腰と、ユーザーの要望に合わせたピンポイントの施術になりました。これはこれで、忙しい中でのリフレッシュには充分かなと感じました。
安いから質が悪いと一概には言えないものの、こればかりは施術を行うマッサージ師さんの技術や精神的なものにも左右されます。値段が高くても満足感を得られなかったり、安い所でも、丁寧にしてくれる所もあるでしょう。自分はたまたま、2度とも恵まれました。
なんにせよ、凝り固まった体をリフレッシュさせてくれる出張マッサージ。活力を生み出し、仕事や家事にやる気が出ます。一度お試しあれ。

http://www.tokyo-ravijour.com/

東京についての感想

東京と一言で言っても実に広い範囲を指すわけで、奥地の方は奥多摩の山岳部のような土地もありますし、逆に誰もが思い浮かべるのが新宿や渋谷などといった大都市部でしょう。地図上では東京都は本当にちっぽけなものですが体感する実際の東京はとてつもなく広大な土地のように感じられるのは不思議なものです。

東京の面白いところは、生粋の東京人という人たちの割合は実は非常に低いということでしょう。ほとんどが地方から上京してきた人たちの寄せ集めの街なのです。東京という最先端の文化やファッションがもてはやされているといっても都会を忙しく往来する人たちのほとんどは地方出身なので、そんな人たちがその最先端カルチャーを発信している原動力になっているのではと考えることがあるのです。

東京自体は、変化が激しく多様性のある大都会ですが、その変化は地方からの人たちによって支えられているのだと思うと、やはり今後もどのように変化していくのかがとても興味があり、そんな流れの中に自分自身も身を置いて一緒になって東京という巨大都市を作り上げていく達成感を味わいたいという気持ちにもなります。地方人がいつの日か立派な東京人に成長するエネルギーが東京という街を日々動かしているのです。